静岡県裾野市で3人の保育士が園児に対し、虐待行為を繰り返していた問題で、静岡県などは12月3日、保育園に特別監査を行いました。また、裾野市の村田悠市長は園長を刑事告発する方針を明らかにしました。

<竹川知佳記者>
「午前10時です。静岡県と裾野市の職員がさくら保育園に特別監査に入ります」

静岡県と裾野市の特別監査を受けたのは、裾野市の私立さくら保育園です。この保育園では2022年6月頃から、保育士3人が園児たちに足を掴んで宙づりにする、カッターナイフを見せて脅すなどの虐待を繰り返していたことが明らかになっています。

県によりますと、3日の特別監査では園長への聞き取りを行ったほか、園児の様子や職員の勤務状況などについての書類などの確認をしたということです。また、保護者アンケートを行い、他にも被害を受けた園児がいないかなどを確認した上で、虐待に関わったとされる職員にも聞き取りを行う予定です。

<裾野市村田悠市長>
「園長を犯人隠避で刑事告発したい」

一方、裾野市の村田悠市長は、今回の特別監査の結果を待たず、週明けにも保育園の園長を犯人隠避の疑いで刑事告発する方針を明らかにしました。