「第23回しずおか市町対抗駅伝」が12月3日行われ、初冬の駿河路で、静岡県内35市町37チーム、444人のランナーがタスキをつなぎました。

レースは、静岡県庁本館前をスタートし、12区間42.195キロでタスキをつなぎます。今年は序盤からトップが激しく入れ替わるレース展開となります。市の部は浜松勢の争い。6区で浜松市南部が北部を抜いて先頭に立ちます。

しかし、終盤の11区今度は浜松市北部がトップの座を奪い返します。一方、町の部は、10区で清水町が前回優勝の吉田町の前に出て、大きく引き離します。そして—

<実況>
「ブラボー!浜松市北部3連覇」

市の部は浜松市北部は3連覇、町の部は、清水町が2年ぶり3度目の優勝に輝きました。