2022年9月、静岡県牧之原市のこども園「川崎幼稚園」で、通園バスの中に3歳の園児が置き去りにされ死亡した事件で、警察は当時、バスを運転していた園を運営する学校法人の元理事長ら4人を業務上過失致死の疑いで、12月5日、書類送検しました。

書類送検されたのは、当時、通園バスを運転していた川崎幼稚園を運営する学校法人榛原学園の元理事長の男性(73)と、当時バスに乗っていた運転手補助員の女性(76)、亡くなった園児のクラス担任をしていた女性(47)、クラス担任補助だった女性(26)の4人です。

この事件は2022年9月5日、川崎幼稚園の駐車場で通園バスの中に、この園に通っていた女の子(当時3歳)を置き去りにして、重度の熱中症で死亡させたものです。

警察によりますと、元理事長と運転補助員の女性は、バスの中の確認を怠ったこと、クラス担任と補助員は出欠確認などを怠った疑いが持たれています。警察は今回こうした所在の確認をしなかったことが、女の子の死亡につながったと判断、書類送検に踏み切りました。

元理事長らの書類送検を受けて、学校法人と川崎幼稚園は「関係者が送検されたことを重く受け止め、被害園児のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族に心より謝罪します」と弁護士を通じてコメントしています。