新型コロナの影響で全便欠航となっていた静岡空港の国際線が2月25日、およそ3年ぶりに再開し空港は多くの観光客で賑わいました。

2月25日、韓国から静岡空港に到着したのは韓国の旅行会社「ハナツアー」によるチャーター便です。静岡空港は新型コロナの影響で国際線の全便欠航が続いていましたが、実に2年11か月ぶりに再開されました。

篠原大和記者「静岡空港のロビーは多くの韓国人観光客でにぎわっています」

(韓国人観光客)「家族旅行で来ました。東京タワーが楽しみです」「(日本は)4年ぶりですね。食べ物もいいし、見るものもいっぱいあるから、韓国の大勢の人が日本に来るのを希望している」

静岡空港では、3月26日から定期便「静岡ーソウル線」の運航が決まっています。

2月25日放送