韓国の格安航空会社「チェジュ航空」は、2023年10月29日から静岡ーソウル線を現在の週3往復から週7往復に増便し、2019年5月の就航以来、初めて毎日運航することになりました。

静岡ーソウル(仁川)線の冬ダイヤの運航期間は、2023年10月29日から2024年3月30日までで、運航便数は週7往復です。

静岡県によりますと、チェジュ航空のソウル線の7月の搭乗者数は4,224人で、搭乗率は7月としては過去最高の86%だったということです。

県空港振興課は「毎日運航することで、日程を自由に選べるのは搭乗者にとってメリットが大きい」として、インバウンド需要などもさらに取り込みたい考えです。