11月28日午後3時前、静岡県島田市の大井川鉄道・家山駅付近で、走行していた列車の電気機関車と客車の連結部分が外れる事故がありました。けがをした人はいませんでした。

大井川鉄道によりますと、事故が起きたのは、28日午後2時45分に家山駅を発車し、金谷駅方面に向かっていた列車です。

家山駅を出発直後の加速中に、先頭の電気機関車と客車をつないでいた連結器が外れたということです。連結が外れたあと、すぐに客車の安全装置が作動し、自動ブレーキがかかりました。また、異常を感知した機関車もすぐに停止したため、脱線や追突などはなかったということです。

事故があったのは、月4回程度運行している臨時のイベント列車で、車内には、乗客約80人と乗務員5人が乗っていましたが、けが人は確認されていません。

今後、法令に基づいた調査や処置を行うということです。

午後5時現在、大井川鉄道は、福用駅〜川根温泉笹間渡駅でバスによる代行運転、金谷駅〜福用駅は鉄道で運転を再開しています。29日は、金谷駅〜川根温泉笹間渡駅で始発から鉄道による運転を再開する予定です。