現在発売中のS Cawaii!の表紙を飾ってくれているグローバルボーイズグループJO1が、4月28日に発売される3RDシングル『CHALLENGER』のリリース記念オンラインショーケースイベントを4月17日に開催! そのレポートをお届けします!
©LAPONE ENTERTAINMENT
「Go To The Top! JO1です!」のあいさつからスタートしたイベント。まず『CHALLENGER』についてリーダーの與那城奨さんが「僕たちもいろいろ準備してきたので3枚目を出せることもありがたいです」と先陣を切れば、今回のセンター河野純喜さんも「不安や恐れを抱きながら、新しい世界に一歩踏み出す挑戦がテーマになっています」と語る。

『CHALLENGER』のリード曲『Born To Be Wild』のMVは、いくつもの扉が登場したり、メンバーがガラスケースの中に入っていたり、ラップパートでは万華鏡のような映像になるなど、思わず考察したくなるような世界観。川西拓実さんが「MVの扉をイメージしたようなところも僕はすごい好きで、注目ポイントだと思います」、川尻蓮さんが「個人的な解釈ですけど、いろんな空間やものの中にメンバーが閉じ込められていて、リーダーの奨くんを筆頭にカギを自分の手でしっかり握って、11人がそろって踏み出していくっていう信念を表現した内容なのかなと思います」と見どころや解説を真面目に語ってくれると、「ガラスの中の居心地はこれまでで2番目くらいに良かったです。最高。住んでますね」と、MVの中でガラスケースに入っていた鶴房汐恩さんが笑いに持っていく。

撮影時のハプニングを聞かれた豆原一成さんは、撮影前日に“えらい人“が応援でピザを差し入れしてくれたことを挙げる。「MV撮影のためにみんな食生活に気を付けようと思っていたんですけど、僕たちも練習終わりでお腹すいていたので、どうしようと思いながら美味しくいただいたんですけど……」とちょっと苦笑い。とは言え、「美味しくいただきました〜」と元気良く声をそろえる川尻さん、豆原さん、川西さん、金城碧海さん。もちろん皆さん、MVはいつも通りかっこいいので無問題!

鶴房さんと同じくガラスケースに入っていた白岩瑠姫さんも「MVの個人カットは特にみんな気合いが入ってかっこいい表情を見せるんですけど、(佐藤)景瑚と汐恩と3人でガラスケースに閉じ込められてるカットを頑張ろうって話してたら、一瞬で撮り終わってしまったんです。でもかっこよく仕上がっていました」と満足げ。

やはりJO1と言えば圧巻のパフォーマンスだが、大平祥生さんが『Born To Be Wild』のダンスを「前の曲よりダンスは難しくなってるんですけど、この曲はキャッチーな点がポイント」とコメント。すると佐藤さんが「その名の通りワイルドな曲なので、サビでバイクのハンドルを回してふかす動きがあるんです。その動きをイメージしたブンブンダンスをやります」と実演することに。
©LAPONE ENTERTAINMENT
佐藤さんと河野さん、そして実際にバイクに乗っていたという木全翔也さんの3人が立ち上がって、音なしで「いっせーのーで」でやろうとするもイマイチ呼吸が合わず。けれどすかさず他のメンバーがアカペラで『Born To Be Wild』のサビを歌ってサポート態勢は万全!

なのに、ハーレー風バイクに乗っているかのように(?)腕を思いっきり上げたり、今度は車高が低いバイクなのか、かがんでみたりとボケまくる自由な佐藤さん(笑)。どんなバイクに乗るかは自由だそうなので(?)、皆さんもブンブンダンスのアレンジをしてみるのもいいかも⁉
©LAPONE ENTERTAINMENT どんな時も笑いを忘れないJO1だけど、この後に披露した『Born To Be Wild』のかっこよさは反則級! 一気に引き込まれる河野さんの最初のパワフルな高音。メンバーが順番に立ち上がり、全員で前に向かって一歩を踏み出す時の王者感。デビュー1年が経ち、より自信と余裕が生まれたのか、表情なども含めて全体的に色気マシマシのパフォーマンスだ。
©LAPONE ENTERTAINMENT
この日は他に、「インパクトあるトラックに僕たちの前向きな気持ちを表現しています」(金城さん)、「JO1の中でもすごいパワフルな曲。アクロバットもちょっとだけ入っているので注目してください」(與那城さん)と語った『Speed of Light』と、心温まるバラード『伝えられるなら』を披露。『伝えられるなら』は豆原さんが書いた手紙をメンバー間で回していく様子をワンカットで撮影するという趣向を凝らしたパフォーマンスで、ほっこりとさせてくれる。
©LAPONE ENTERTAINMENT
そしてイベントでは、『CHALLENGER』にかけて3つのゲーム企画にメンバーが挑戦。ランダムに流れるJO1の楽曲を聞いて、即座にダンスをする「ランダムプレイダンス」では、佐藤さんも豆原さんも「毎日練習してるし、余裕じゃないですか」と自信たっぷり。
 
まず1曲目の『MONSTAR』では、即座に川尻さんと木全さんが反応、他のメンバーもサッとフォーメーションを組めるのがすごい! 2曲目『So What』、3曲目『My Friends』と、少々ワタワタしつつ踊っていたものの、4曲目の『La Pa Pa Pam』がかかるとみんなが口々に「わ、ムズい!」と右往左往。
©LAPONE ENTERTAINMENT
そんな中、曲を勘違いした佐藤さんが大平さんと一緒にフレームアウトしてしまい、後で慌ててインしてくる場面も(その際の佐藤さんと大平さんの「間違えた〜」的なぴょんとした入り方がかわいい)。けれど次の『GO』では佐藤さんがいち早く川尻さんに立ち位置を指示していて、デキるところもバッチリ見せてくれる。立ち位置を間違える人、思いっきり迷っている人、あれ?と苦笑いする人、隣の人のダンスを見て確かめる人……。普段のパフォーマンスでは見られないみんなの慌てぶりが新鮮。

もうひとつの企画が「人狼ダンス」。それぞれイヤホンをして流れた曲に合わせて踊るのだが、くじで選ばれた「人狼」のふたりには全く違う曲が流れるので、「人狼」は周りの人=「市民」を見て正しいダンスをする。最後に「市民」が「人狼」のふたりを当てられたら「市民」の勝ち、当てられなかったら「人狼」の勝ちというゲームだ。

ひとりひとりがくじを引く時に、「蓮くんはリアル人狼上手いから疑ってかかった方がいい」、「拓実は見たらわかりそう」、「純喜はわかりやすい」、「祥生、怪しいな」、「汐恩、耳赤い」などなどメンバーがプレッシャーを掛け合い、すでに「人狼ゲーム」の心理戦はスタートしている模様。

「市民」でちょっと残念そうな金城さん、くじを引いた後に変顔をしあう佐藤さんと豆原さん。そして「人狼」を引いたふたりは、ニヤニヤを抑えられない白岩さんとポーカーフェイスな大平さん。
©LAPONE ENTERTAINMENT
もふもふの耳当て+イヤホンをつけてかわいくなった11人、「市民」に流れているのは『Born To Be Wild』で、みんな「はいはいはい」と言いながら位置につく。さりげなく一番後ろに行って様子を見る白岩さん、明らかに他の人を見てワンテンポ遅れる大平さん。最初の数秒で大笑いの川尻さんは誰が「人狼」なのかを察したようで、ずっと他の人を見ながら余裕のダンス! 若干、不安そうにしていた大平さんに対して、白岩さんは他のメンバーと全く同じように踊っていて、これはバレないのでは⁉と期待は高まる。

誰が人狼なのかの話し合いで真っ先に挙がるのは案の定、大平さん。「僕じゃないっすよ、碧海も怪しかった」と否定するも、川西さんから「でも碧海はソロのところちゃんと合ってた」とすかさずフォローされて作戦失敗。大平さんが「人狼」確定されると、あとひとりは誰かと意見が飛び交う中、川尻さんが「個人的な予想だと瑠姫が怪しいと思う。ユニゾンで踊る時のリズムがちょっと違った」と、ここまで一度も名前が出ていなかった白岩さんをズバリ言い当てる。映像を見返すと川尻さんは早い段階から白岩さんをロックオンしており、やっぱりダンスリーダーはごまかせない! 「毎日見てるから〜」とニッコリの川尻さん、さすがです!

最後は「曲当てクイズ」。JO1の25曲の中から、歌詞の一部を読んで、それが何の曲かを当てるというもの。これはみんなとてもスムーズに当てられたが、JO1はやはり世界を目指すグループということで、次は日本語歌詞を英訳、その次は中国語訳にして……と難易度がアップ。中国語を勉強している白岩さんと大平さんがフリップに書いてある中国語を読み上げてくれるが、漢字でニュアンスをくみ取って意味を連想しなければならず、こちらはなかなか正解が出ないパターンもあり、苦戦してしまったJO1。ちなみに最多正解は鶴房さんでした。

こうしてショーケースはあっという間に終了。最後に、「久しぶりですね。早く直接会いたいです」(與那城さん)、「3RDシングル、たくさんいい曲があるので聴いてください」(木全さん)、「今まで見てもらってありがとうございます」(川西さん)、「皆さんお疲れさまでした。バイバイ」(豆原さん)など、JAMへのメッセージで締めくくった。わちゃわちゃとほっこりがたっぷり詰まったJO1に癒された約1時間だった。
©LAPONE ENTERTAINMENT

【JO1 profile】
サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101JAPAN』で、約3カ月にわたる熾烈な競争を繰り広げ、番組視聴者である“国民プロデューサー“累計約6,500万票の投票により選ばれた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11人によるグローバルボーイズグループ。
2020年3月4日発売のデビューシングル『PROTOSTAR』、8月26日発売のセカンドシングル『STARGAZER』ともにオリコン週間シングルランキング(3/16付、9/7付)で初登場1位を記録。11月25日に発売した1STアルバム『The STAR』は、「Billboard JAPAN Top Albums Sales」において、1位を獲得している。

「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS )」(アジア最大級の音楽授賞式)において「Best New Asian Artist」、「MTV VMAJ 2020(MTV Video Music Awards Japan)」において今後大躍進が期待される新人アーティストに贈られる特別賞「Rising Star Award」 を受賞、Twitterが発表した2020年もっとも使われたハッシュタグ:ミュージック部門では「#jo1」が1位に輝く。

4月28日(水)には、3RDシングル『CHALLENGER』をリリース。

JO1が表紙のS Cawaii!特別編集 『イケメンだらけ。』発売中です!


【書誌情報】
『S Cawaii!特別編集 イケメンだらけ。』
価格:本体980円+税
判型:A4変版
ISBN::978-4-07-447617-6
発売日:2021年4月22日
発行:主婦の友インフォス
発売:主婦の友社
 

TEXT_Mayuko Kumagai  Composition_Noriko Hata
 
©LAPONE ENTERTAINMENT