ECプラットフォームを通じて服飾品などを販売する子不語集団(02420/香港)が11月11日、香港証券取引所のメインボードに新規上場した。公開価格7.86香港ドルに対し、初値は6.36%高い8.36ドルだった。終値は同5.47%高の8.29ドルだった。
 
 同社は2011年設立。第三者ECプラットフォームを通じた服飾品、靴製品などの販売を主業務としている。マーケティングを踏まえて製品のデザインを行い、OEMサプライヤーに製造を依託し、製品をアマゾンやWish、eBayなど第三者ECプラットフォームおよび自社運営サイトを通じて世界の顧客に販売する。売上の大部分は北米向け販売によるもので、21年12月期は85.5%を占めた。21年のGMV(流通取引総額)ベースによる、中国の越境BtoCプラットフォーム服飾、靴製品市場シェアは第3位の0.4%で、欧米向けの中国越境BtoCプラットフォーム服飾、靴製品市場シェアは1位の0.7%となっている。
 
 2021年12月期の売上高は23億4654万人民元(前期比23.63%増)、純利益は2億50万元(同75.95%増)。22年1〜6月期の売上高は12億7752万元(前年同期比16.07%増)、純利益は6131万元(同46.33%減)。
 
 新規上場に伴い調達予定の約2億1940万香港ドルは、約38%をアマゾンなどにおける広告、ブランド推進活動に、約29%をスマート物流・倉庫の整備や新規倉庫建設、倉庫管理強化などのサプライチェーン整備費用に、約23%を専用ウェブサイト上の自営ショッピングサイト構築費用に、約5%を製品の研究開発能力強化に用いる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)