中国メディア・今日頭条は13日、昨年創業70周年を迎えた「世界のソニー」が、その歴史の中で生み出してきた画期的な商品の数々を紹介する記事を掲載した。
 
 記事は、同社の歴史がが1946年5月7日に井深大氏と盛田昭夫氏の共同経営によって設立された「東京通信工業株式会社」から始まったと紹介。「当時、ちっとも目立たなかったこの会社がその後世界に名声を轟かせ、日本ブランドの象徴になろうとは、誰も思わなかっただろう」とした。
 
 また、東京通信工業の設立趣意書には「勤勉でまじめな技術者の技能を十分に発揮させる。自由闊達で、愉快な理想の工場を作る」といった内容が書かれており、この目標がソニーのDNAに染み込み、ソニーは成長を遂げたと伝えている。
 
 そして、1950年に外国製品の独占状態を崩す、日本初のテープレコーダーを生産して以降、60年に8インチポータブルテレビ、68年のトリニトロンカラーテレビ、70年には画期的なデザインのスライド式ラジオを開発したと紹介。さらに、72年のウォークマン、83年の縦型レコードプレーヤー、89年の21機能搭載ラジオ、樹齢200年のケヤキをハウジングに使用した超プレミアムヘッドホン、97年のノートパソコンVAIOシリーズ、2003年の超小型かつ超高級なデジカメなど、同社の高い技術力とイノベーション力を感じずにはいられない商品を挙げ、紹介した。
 
 記事は「これらの製品は、ソニーが誇るトップレベルの技術力とデザイン力の氷山の一角に過ぎないのである」とし、これ以外にも数え切れないほどの画期的な商品を開発し、世間を驚かせるとともに注目を集め、愛されてきたことを伝えた。
 
 中国のネットユーザーからはかつて愛用してきたソニー製品への思い出とともに「ずっとソニーのファンであり続けてきた」、「素晴らしい。賞賛しなければ、自分の良心が疼く」、「これこそ、民間の科学技術を前へと推し進めた企業。その偉大さは華為や小米、サムスンをはるかに超える」といった賞賛のが数多く寄せられた。(編集担当:今関忠馬)(イメーシ?写真提供:(C)mikewaters/123RF)