日本で食料品の買い物と言えばスーパーへ行くのが一般的だが、中国では毎朝、自由市場で買う人が多い。市場でテナント代を払った人がそれぞれ商品を並べて販売する。こうした朝市には、朝採りの新鮮な野菜をはじめ、その場で屠殺した鶏などの肉や魚介類、果物があり、日用品や衣類まで揃っている。
 
 賑やかで活気のある中国の自由市場だが、日本の市場と比べると格差を感じるという。中国メディアの今日頭条は15日、「旅行中に見た日本の市場と中国の市場には信じられないほどの格差がある」と題する記事を掲載した。
 
 記事は、日本の市場と中国の市場を写真で比べた。一言でいえば、日本の市場は「清潔」だ。筆者は、日本旅行中に市場を訪れたそうだが、中国の市場との「目を疑うほど」の差を感じ、すっかり感心してしまったという。
 
 筆者によると、中国人自身がイメージする自由市場は「喧噪」、「雑然」だが、日本の市場は、店に並んだ商品にはすべてに値段が付けられていて、価格が一目でわかることや、新鮮な果物がきれいに袋詰めされていること、怒鳴り声や争う声は聞かれないこと、地面にゴミが落ちていないこと、全体的に整っていてきれいなことなど、中国とは全く異なっていると感じたという。
 
 逆に、中国の市場は一言でいえば「汚い」。地面に果物の皮や野菜くず、絞めた鳥の羽などが散乱しているのが普通で、台の上に商品を並べて売る中国の市場では、野菜はおろか、肉や豆腐なども包装されておらず、空気にさらしたままで不衛生であり、腐敗や食中毒の心配もある。
 
 記事はまとめとして、日本の市場から中国が学ぶべきことは本当にたくさんあると指摘。日本人は何事も「極限までこだわる」が、そのおかげで高い衛生基準を保持できているのだろうと分析した。そして、文明大国のイメージを作りたい中国は、多くを学び受け入れるべきだと力説した。中国の自由市場にも、新鮮な野菜が手に入る、必要なものが何でも揃うなどの利点もある。日本に倣い衛生状態を改善できれば更なる発展の余地は十分にあるだろう。(編集担当:村山健二)
(イメーシ?写真提供:(C)sepavo/123RF)