日本を個人観光ビザで日本を訪れる中国人旅行客が増えている。個人観光ビザであれば、日本滞在中は各々が自由に移動し、好きな場所を訪れることができる。利用する交通手段も各々が自由に決めることが可能だ。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本滞在中に長距離バスを利用したという中国人による手記を掲載し、「新幹線より安いうえに便利だった」と伝え、日本の長距離バスには新しい発見が多かったと伝えている。
 
 記事は、日本を旅行するうえでは「新幹線だけでなく、バスや電車を利用すると楽チン」だとしつつ、特に高速バスは「価格が安く、非常に便利で、貧乏旅行にはぴったり」と指摘。特に急いでいないならば、バスを利用すると新幹線より「お金を節約することができる」と伝えた。
 
 続けて、新宿駅南口の高速バスターミナル「バスタ新宿」を取り上げ、ここから日本全国に向けてバスが出ており、外国人旅行客を含め、多くの客がバスで日本国内の旅行を楽しんでいると紹介。特筆すべきは、日本語がわからない外国人でも「見るだけで分かる各種案内表示」だと指摘、床には色分けされた線で各エリアへの行き方が示されているほか、トイレや売店などの表示も分かりやすく、「ほぼ完璧な対応」であると称賛した。
 
 また記事は、長距離バスは途中でトイレ休憩が入ることを伝え、日本のサービスエリアで利用したトイレを写真で紹介。「どの個室が使用中なのか、どの個室が空いているのか、トイレ内部に入る前に知らせてくれる案内板があった」と伝え、ちょっとした工夫とアイデアだが、トイレを利用する人にとってはとても便利なサービスであり、日本を訪れた場合は「バスでの移動」も体験してみるようすすめている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)