中国では歴史問題や領土をめぐる対立があるせいか、日本に対する理解が進んでいるとは言い難い状況にあり、日本や日本人に対する誤解は少なからず存在する。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人から見た日本人について考察する記事を掲載した。
 
 記事は、日本は中国に多大なる被害をもたらした国であると主張する一方、日本を訪れた中国人は日本人の民度を称賛し、日本の清潔さや日本の秩序を高く称賛すると指摘。さらに、中国人は日本製品に恋い焦がれており、中国人が日本で爆買いしたことがその証拠だと論じた。
 
 続けて、日本はアジアでもっとも発展した国であり、もっとも早くに欧米に並んだ国であるとし、その日本に弱点や欠点はないのだろうかと疑問を投げかけ、「日本や日本人にも当然、弱点や欠点がある」と主張。たとえば、日本人は「弱い者に強く、強い者に弱い」傾向にあるとし、弱い者に辛辣に当たる例は南京大虐殺であると主張、強い者に弱いのは米国への無条件な追随がその例であると論じた。
 
 さらに、日本はかつて中国を侵略し、中国人に強制労働をさせたとし、日本企業も侵略や強制労働に加担していたと説明。それにもかかわらず日本政府も日本企業も事実を認めようとせず、謝罪をしようともしないと主張、日本の態度は「ドイツの態度とは大違いであり、ドイツが世界から尊重されるのに、日本が尊重されない理由もここにある」とした。
 
 また記事は、日本は「他国に学ぶのが上手で、進取の精神に富み、日本人は団結力と忍耐力が強い民族であるのは事実であり、中国人にはない美点を多く持つのも事実だ」と説明。だが、中国人にとって日本人は「羊の皮を被った狼に見える」とし、日本人に対する警戒を緩めることはできないと主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)