日本人と中国人の生活習慣は大きく異なる。そのため、日本人が中国を訪れても、中国人が日本を訪れても、目の前に広がる自国と違う光景に驚きと新鮮さを感じるものだ。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人から見た「日本人と中国人の暮らしの違い」について考察する記事を掲載。中国人にとって日本での暮らしには驚きがたくさんあると伝えている。
 
 中国では幼児が股の部分に穴が空いたズボンを履いていることが多い。子どもが便意をもよおした時にすぐに対応できるのが利点だが、欠点は子どものお尻が丸見えだということだ。これは俗にいう「股割れズボン」だが、日本ではまず見かけない存在だ。そのため、中国人にとっては「日本人の子どものズボンはまたが割れていない」として驚くのだという。
 
 次に、中国の女性はあまりメークしない人が多いが、日本ではちょっとした外出でも女性がしっかりとメークしていることに驚くという。中国ではスキンケアはしても、アイシャドウや口紅などのメークはしないという女性は少なくない。
 
 また、日本人が「中古」を上手に活用することも中国人にとっては驚きらしい。日本ではブランド品から車、生活用品、洋服に至るまで中古市場が存在するが、中国では中古車市場は存在しても、古着はほとんど流通していない。そのため、中国人は「日本人は他人が使ったものを買うことに抵抗がないのか」と感じるらしい。
 
 また記事は、日本人女性が冬でもスカートを履いていること、日本ではスーパーで買い物をする際に自分のバッグを持ち込むことができること、日本人がズボンの尻ポケットに財布を入れたまま歩いていることなども「中国人にとっては信じられないこと」であると指摘。日本人と中国人の生活習慣は細かい部分で「結構違う」ことを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)