中国の製造業は急速な発展を遂げており、高速鉄道に至っては今では海外へ輸出するまでになって中国人の誇りともなっている。では、日本と比べると今の中国の製造業はどれほど強いのだろうか。中国メディアの今日頭条は9日、日本の製造業は中国に「完敗」しているのかと題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本メディアが2018年に特集した「中国VS日本、50番勝負」という記事を紹介。日本と中国それぞれの強い分野を紹介して比較した記事で、結果は日本が21勝28敗1分けだったという。

 日本が勝った分野は、半導体やロボット・工作機械、建設機械、自動車・鉄道車両などの機械産業と、鉄鋼や炭素繊維などの素材産業、医療機器などのヘルスケア産業などだ。逆に中国が勝っているのは、AI産業、自動運転技術、スマートフォン、宇宙開発、ドローン、新エネルギー自動車など多岐にわたるとした。

 数だけ見れば中国に軍配が上がるように見えるが、実際のところどうなのだろう。記事は、この比較では2つのものが無視されていると指摘。それは「生産能力」と「国内の需要」だ。中国の誇る高速鉄道も、主に内需に頼っているのが現状だ。その点、新幹線に関わる製造業の規模は中国よりもずっと小さく、スケールメリットを活かしにくい環境にありながらも海外市場に輸出できるほどの高い競争力を持つと指摘。とはいえ、高速鉄道の走行中に「コインを立てても倒れない」中国の車両製造技術もかなりのものだとしている。

 記事は、数字だけを見て中国の「圧勝」と言い切ることはできないと言いたいようだ。これに対して、ユーザーからは「疑いなく日本の圧勝だ」というコメントが多くみられた。「高速鉄道にしても通信設備にしても重要な部品はみんな日本など海外製だから」、「日本の科学技術は今でも中国よりも高いというのははっきり理解しておくべきだ」という人もいた。「中国が作れるものは日本も作れる、日本で作れるもののほとんどは中国では作れないか、質が日本に及ばない」と指摘する人もいた。少なくとも、中国人の意識のなかでは製造業で「圧勝」しているのは日本のようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)