日本と同じように多くの中国人も犬をペットとして飼っているが、中国メディアの今日頭条は23日、日本における犬の飼育について紹介する記事を掲載し、「日本人の犬の飼い方を知ると深く考えさせられる」と論じた。

 記事は、日本人が犬を散歩に連れて行く場合は必ず犬に「リード」をつけると紹介。犬がどれだけ小さくてもリードをつけることに加え、他の人の迷惑にならないように人が多い場所を避けることも意識していると説明した。

 また日本では犬の散歩中に意図せずに人を驚かせてしまった場合、犬の飼い主がまず第一にすることは「謝罪」であると紹介し、日本社会では犬の飼い主にこうした心がけが存在するゆえに、犬が通行人に向かって突進すること、また咬みつくという問題は中国ほど頻繁に生じないことを指摘した。

 さらに日本人は犬を散歩に連れ出す時に必ず水、紙、ナイロン袋を携帯し、飼い犬の排泄物をきちんと処理すると説明。このように日本社会では飼い主がその責任をきちんと果たすゆえに、ペットとしての犬に反感を抱く人はほとんどいないと論じた。

 続けて記事は、日本には「狂犬病予防法」や「動物の愛護及び管理に関する法律」などペットの飼い方に関する法律も存在しており、違反すると厳重に処罰されると紹介。日本人は法律を遵守する国民性があり、法律を守ることは生活の一部になっているがゆえに、日本では長い期間にわたって狂犬病が確認されてこなかったのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)