これまで模倣や海外からの技術導入によって急速に成長してきた中国の製造業。その模倣能力は非常に高いと言えるが、それでも模倣しきれないものもあるようだ。中国メディアの百家号はこのほど、「日本の自動車エンジンだけは真似できない」とする記事を掲載した。

 記事は、中国が西洋諸国の科学技術レベルに追いつくために「模倣」から始めたと認め、多くの人は「パクリ」などと言って軽蔑するものの、模倣は自らのレベルを短期間で向上させる手っ取り早い方法だと主張。しかも、ある程度の実力がなければ模倣すらできないため、中国の模倣能力は非常に優れていると自賛した。

 そのため、世界中の人に「中国に製品を獲得させてはならない」という意識が広まったと指摘。なんでも模倣できる中国は、空母すら模倣して国産化したほどで、これは中国人の負けず嫌いの性格と研究者の数の多さが関係していると論じた。

 しかし、そんな中国でも模倣できないものがあるとし、それは日本企業の「自動車エンジン」だと論じた。この理由について記事は、「日本のエンジンの部品はあまりに精密で、ドイツに匹敵するレベルだから」と分析。さらに単に精密なだけなく、部品と部品との調和も素晴らしく、研究のために分解すると壊れてしまい、再度組み立てても元の性能を取り戻せないほどだと伝えた。

 それで、これまで中国は模倣によって多くの技術を獲得し進歩してきたが、模倣だけではさらにその上に進むことはできないと指摘。資金を投入し、人材を育成し、イノベーションによってさらなる高みを目指すべきだと結んだ。「模倣大国」である中国ですら模倣しきれない日本のエンジンは、相当レベルが高いと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)