日本は世界から「マナーが良い」と見られており、中国でも日本人の「民度の高さ」はたびたび話題となっている。中国メディアの捜狐はこのほど、日本では歩行者の信号無視がほとんどないことを指摘し、「民度が高いからなのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事はまず、日本人の多くが信号をきちんと守るとはいえ、交通量の少ない道路では信号無視をする歩行者もいると主張。「これは民度とは関係がない」としている。

 では、歩行者が信号無視をしないことと民度が関係ないのなら、ほかにどんな理由があるのだろうか。記事は、「事故発生時の過失割合がはっきりしていること」が主な理由だと主張。責任の所在が公平に定められているからだとしている。

 記事によると、中国では歩行者の信号無視で事故が発生した場合、信号無視をした証拠を提出する必要があり、証拠があれば歩行者の過失割合が高くなるそうだ。しかし、証拠がないと車両が全責任を負うという。一方、日本では「歩行者が7割、車両が3割」となっていると伝えた。これは保険会社による基本過失割合のことを指しているようだ。

 それで、日本は歩行者の過失割合が高いので信号無視が少ないのであり、民度とは関係がないと主張している。とはいえ、普段の生活のなかで事故時の過失割合を考えて信号を守っている日本人はほとんどいないのではないだろうか。記事の主張が的外れなのは「中国的」な視点で考察しているためと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)