日本人と中国人の車の運転にはどのような違いがあるだろうか。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本で暮らす中国人による動画を配信し、日本人がどのように車を運転しているかについて紹介した。日本人の運転マナーは「中国人1人1人が見倣うに値する」と説明している。

 この中国人配信者は、動画の冒頭で日本人の運転マナーは「非常に良い」と称賛しつつ、日本人と中国人の運転マナーの大きな違いの1つは、日本人は「ほとんどクラクションを鳴らさない」という点だと指摘した。

 中国を訪れたことのある人ならば、中国の路上ではクラクションがけたたましく鳴り響いているのに驚いたことがあるだろう。中国人ドライバーは対象が車であろうと歩行者であろうと、頻繁にクラクションを使用する。こうした状況に慣れていた中国人配信者が日本で生活を始めた当初は、日本で販売されている車にはクラクションが搭載されていないのではないかと疑うほどだったそうだ。

 続けて配信者は歩道橋の上に移動し、朝の通勤時という「交通量が多く、慌ただしい」時間帯における日本の路上の様子を紹介。どの車も制限速度を守り、追い越しをするドライバーもおらず、車間距離を十分に保って秩序良く運転している様子を伝えた。こうした「秩序ある光景」も中国の路上との大きな違いの1つだとしている。

 さらに動画では、狭い道路ですれ違う際に、日本人ドライバーは自発的に自分の車を片側に寄せて相手に道を譲ると説明したほか、歩行者が信号機のない横断歩道を渡ろうとしていたら、日本人ドライバーたちはやはり自発的に停止し、歩行者を優先させると伝え、このような「譲り合いの精神」は見倣うに値すると称賛した。

 中国の都市部では近年、交通渋滞が深刻化しているが、これは車が増えすぎたことだけではなく、無理な割り込みや追い越し、迷惑を考えない路上駐車なども大きな原因の1つとなっている。誰もが交通ルールを守りながら運転できれば、中国の交通渋滞も随分と緩和されるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)