中国人の日本に対する印象は近年、改善傾向にあるが、これは旅行などで訪日する中国人が増えたためでもあるだろう。日本に初めて来た中国人は、大抵日本人の礼儀正しさと清潔さに驚き、日本に対する見方を一変させるものだ。

 中国のQ&Aサイト・悟空問答にこのほど、「日本は一体どのような国なのか」と質問するスレッドが立てられ、訪日経験のある中国人たちから多くのコメントが寄せられた。

 スレ主は、戦時中の敵国としての日本のイメージと、今の礼儀正しい日本人のイメージが全く違うと指摘しているが、中国にはこのように相反する日本のイメージがあるようだ。それで、どちらが本当の日本なのかと問いかけているが、スレッドには「どちらも日本の真の姿だ」とのコメントが多く寄せられていた。日本人は表面的には礼儀正しいが今も油断できない隣国、と理解している中国人が多いようだった。

 とはいえ、表面だけかどうかは別として、日本人の「民度」が高いということを否定する中国人ユーザーはまずいなかった。あるユーザーは、日本を警戒しながらも「日本人こそ我々の持つべき愛国精神を持っている」と高く評価した。ルールを守り、まじめに仕事に打ち込み、質の高い製品を作るのは愛国精神の表れで、日本人の美点から目を背けるより、日本から学んで「日本人の美点を中国人の美点としたら良い」と提言していた。

 また、歴史問題をひとまず脇に置いて、製品やサービスの質の高さを認めるように勧める声もあったほか、日本人の高い民度は、「団結力が強い」おかげだとの分析もあった。教育のおかげで、一人ひとりは謙虚で全体を見る習慣ができているが、中国人は自分勝手で自己アピールに余念がなく、団結力に欠けると苦言を呈し改善を促していた。

 中国では日本に対して、歴史問題ゆえの引っかかりはあるものの、礼儀正しさや「ルールを守り、まじめに仕事に打ち込む」といった美点は認め、尊敬さえしている人は多いようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)