新型コロナの流行前は訪日中国人数が増加傾向にあり、特にリピーターの数が増えていた。2019年の訪日中国人のうち、約半数が訪日2回目以上だった。中国メディアの快資訊はこのほど、「なぜ日本は1度訪れると、再訪したくなるのか」と題する記事を掲載し、その理由について考察した。

 記事はまず、日本は中国から近く、価格も手ごろな海外旅行先なので、日本旅行を選ぶ人が多いのだろうと分析した。そして、以前に日本に対してあまり良くない印象を持っていたとしても、実際に日本へ行って見るとその印象は大きく変わり、「また行きたい」と思う人が少なくないそうだ。

 その理由として記事は、「日本では素晴らしい旅行体験ができること」を挙げた。アジアの先進国である日本は、観光施設がよく整っていて、至れり尽くせりのサービスを受けることができるからだとしている。中国では日本のようなサービス体験をすることはないためか、日本に来て日本式のサービスを受けるととても気分が良くなるという。

 また、「ほとんどの日本人が礼儀正しく、ルールをよく守ること」も関係していると分析した。マナーが良いので街はとても清潔で、ごみ箱がないのに道路にはごみ1つ落ちておらず、どのタクシーも洗車したばかりのようで、ホイールまでピカピカだと伝えた。中国のタクシーは車の外も中も薄汚れている場合が少なくない。

 ほかには、食習慣や生活習慣が中国と似通っているので馴染みやすいことや、日本製品の品質が高いので買い物目的で訪日する人も多いと指摘した。リピーターが多いというのは、それだけ日本が魅力的な旅行先であることを意味しており、今はコロナ禍で日本旅行ができず、うずうずしている中国人も多いことだろう。コロナ収束後は、爆発的なインバウンド消費が期待できそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)