世界中で人びとの欠かせない交通手段となっている自動車だが、国や地域によって自動車文化には大きな違いがある。中国メディアの騰訊はこのほど、香港の自動車文化について紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、初めて香港に行ったときに中国との自動車文化の違いを目の当たりにしたそうだ。その1つが「車がどれも右ハンドル」ということだと紹介した。香港は長く英国の統治下にあったため英国同様に左側通行で、自動車の運転席は右側になると説明している。これは右側通行で左ハンドルの中国とは逆だ。

 また、「香港は基本的に日本車ばかりだった」ことも大きな違いだと指摘した。時折、ドイツの高級車を見かけるが、ほとんどが日本車だと感じたという。この理由について「地理的な要因」が大きいと中国人筆者は分析した。香港は日本から近く、運転席も同じ右側なので輸入するのに都合がよかったと説明している。

 このほか、「日本車の高い品質」も香港人の信頼を得たと分析した。小さな土地で人口の多い香港では、高速走行する機会はあまりないので実用性が重視されるという。香港は所得レベルも高いので日本車の購入はそれほど難しいことではないとも伝えている。

 中国人筆者によると、香港ではトヨタのミニバン・アルファードの人気が高く、頻繁に見かけたそうだ。このほか、米テスラも比較的多かったそうで、これは面積の小さな香港では電気自動車でも不安が小さく、補助金も出るので人気なのだろうと分析した。確かに、中国と香港とでは自動車文化は異なると言えるが、アルファードやテスラは中国でも人気が高く、この点では似通っているとも言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)