反日感情が強いと言われる中国でも、日本文化を好む人が一定数いるが、反日感情が強くない西洋ではもっと大勢いるようだ。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、ニュージーランドにある「日本文化が好きな西洋人の家」を紹介する動画を配信した。

 動画が紹介した家は、約10年前に建てられたもので、敷地面積が約750平方メートル、建物面積が460平方メートルとかなり大きな家だ。家主は高齢のニュージーランド人で、以前に長く日本に滞在していたこともあり、「日本好き」なのが一目瞭然だと伝えた。

 動画に映る家の様子を見ると、日本の陶器や浮世絵などが多く飾られているほか、時代を感じさせる抽斗箪笥もあり、日本の要素がいたるところに見られる。比較的裕福と思われる家主は、お金に糸目をつけず日本文化に関するものを集め、センス良く飾り付けているようだ。

 配信者によると、この家の形は少し変わっていて、2軒の家がベランダでつながっているような構造となっており、中国のように正方形の部屋がないので、中国人の好みではないかもしれないと説明している。また、小高い崖の上にあるので帰宅するたびに坂を上るのは面倒だと述べているが、オーシャンビューの眺めは素晴らしいと称賛しつつ、欧米には日本文化を好む人が数多くいると伝えている。

 動画が紹介した家の中は、日本文化を見ることはできても、中国文化の様子は皆無であり、中国人としては西洋人に中国文化があまり浸透していないことが不満な様子だった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)