中国での長距離移動で欠かせない存在だった寝台列車だが、最近では飛行機や高速鉄道に取って代わられつつある。とはいえ、価格が安く、寝ている間に目的地に到着する寝台列車は今でも根強い需要があるのも事実だ。日本ではすっかり少なくなった寝台列車だが、中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、「日本で最安の寝台列車に乗ってみた」と紹介する動画を配信した。

 動画の中国人配信者が乗車したのはサンライズ出雲だ。大阪から乗車して東京までの乗車体験を撮影して紹介している。購入したのは最安値の普通車指定席「ノビノビ座席」で、料金は1万2200円だ。このほかにシャワーカードを330円で購入している。

 動画では、「ノビノビ座席」の様子を紹介しているが、床のじゅうたんはやや硬いもののとても清潔だと伝えた。小さなテーブルとコップが用意されており、読書灯もあってエアコンもついているほか、カーテンで仕切ることもでき、狭いながらも設備がよく整っている様子がよく分かる。

 これを見た中国のネットユーザーからも「合理的な設計で、清潔できれいで快適そうだ」、「日本は小さな空間の設計を極めるのがうまい」、「なんて清潔なんだ!これは見習うに値する」などの感想が寄せられた。

 また、中国の寝台列車と比較するコメントも多く、「日本の寝台は上下2段しかないというのが良い。中国は3段だから狭すぎる」、「日本の寝台列車を見るととてもうらやましい。我々の寝台列車は真ん中と上の段だとまっすぐ座れない」などのコメントがあった。中国でも料金の高い軟臥は2段ベッドだが、安い硬臥は3段ベッドでカーテンも付いていない。

 全体的には、日本の寝台列車の清潔さや静かさ、精緻さを称賛するコメントが多く、中国の寝台列車とはずいぶん違うと感じた人が多かったようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)