中国高速鉄道は営業距離を伸ばし続け、2021年にはとうとう4万キロを突破した。これは地球一周の距離に相当する。中国メディアの騰訊はこのほど、中国に高速鉄道が必要だったかどうか、振り返る記事を掲載した。

 記事は、高速鉄道は国の発展を促進し、より多くの人をより速く輸送できる、素晴らしい交通機関だと主張した。しかし建設・運行・維持管理には莫大なコストが必要であるとし、どの国でも実現できるわけではないと指摘している。

 そのうえで、中国に高速鉄道は「必要だったのは間違いない事実」と分析した。工業化の形成という重要な時期に高速鉄道を建設したため、国の経済発展と産業の成長に大いに貢献したとしている。そして、今では都市と地方をつなぎ、中国人にとって短時間で長距離を安全かつ快適に移動できる、大切なインフラになっているとその意義を強調した。

 また記事は、中国高速鉄道は今や技術や営業距離、速度など各方面において世界一の記録を更新しており、中国という国家に「箔をつける」という意味でも、なくてはならない交通機関となっていることを強調した。

 高速鉄道にここまで力を入れている国は中国を除いて存在しないと言えるだろう。ほとんどが赤字路線と言われるなか、全土に高速鉄道網を拡大してきたのは、それだけ中国にとって必要だからということなのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)