日本のトイレの清潔さは、中国人の間でも有名だが、中国のトイレとは何がどう違うのだろうか。中国の動画サイトはこのほど、「世界に名をとどろかせている日本のトイレは、どこが魅力的なのか」と題する動画を配信した。

 この動画では、個人の住宅や公共のトイレをいくつかを紹介し、日本のトイレはどこがすごいのかを紹介している。公衆トイレには、小さな子どもがいても安心して利用できる「ベビーシート」や、高齢者に優しい手すり、オストメイトに対応した設備など、多様な利用者を想定した親切な設計であふれていると感心している。

 また、「日本のトイレは臭くない」とも指摘した。日本は中国と違い、トイレに窓がない家が多いのに臭くないため、意外に感じるそうだ。これに関しては、日本ではトイレと風呂を分けていて湿っぽくならないことや、水流が強い質の高い便器を使っているためではないかと推測している。動画では言及していないが、日本では使用済みのトイレットペーパーを流すことも関係しているだろう。

 日本のトイレを紹介した動画は日本人にとっては見慣れた光景だが、中国人には感銘を受ける内容だったようだ。コメント欄を見ると、「日本のトイレは中国の5つ星ホテルの厨房よりもきれいだ」と称賛する人や、「何でも過ぎると別の物になるのだな」と、もはや同じトイレとは思えないという人までいた。

 また、「お金がなければ真似できない」という人もいたが、洗浄力に優れ、たくさんの機能が付いた日本のトイレ設備には、確かに費用がかかっている。特に公共のトイレに関しては、利用者のマナーが高くなければ設備投資は難しいため、お金だけでなく民度も必要になると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)