中国では日本や日本のものを好きだと言いにくい雰囲気があると言われる。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「日本の文化や日本製品を好むことは、愛国精神と矛盾するか」と題するスレッドが立てられ、多くの中国人が意見を寄せている。

 スレ主は、子どものころから日本アニメが好きで、今でも日本のゲームを楽しんでいるそうだ。スレ主の両親は反日というわけではないが、日本政府を批判的に扱ったニュースを見た後は感情的になるため、うんざりしているという。おかしいと思いながらも、それを指摘することができず、「日本のものを好むことは、愛国精神に矛盾するのだろうか」と疑問を提起している。

 これに対して、たくさんの意見が寄せられたが、ほとんどが「矛盾しない」と答えていて、「自分もスレ主と同じで日本のものが好き」という中国人ユーザーは多かった。

 矛盾しないと思う理由については、「製品は製品、思想は思想」、「世界中で中国製品が使われているが、世界は中国を好きなのか?」など、日本のものを気に入ることと、愛国は分けて考えるべきだとの説明が目立った。

 他国の製品や文化について、愛国心とすぐに関連して考えるのは、中国人の特徴なのかもしれない。しかし、このスレッドで多くの人が答えていたように、文化と政治を分けて考えることができれば、もっと居心地の良い社会になるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)