みらいスクールが展開する「Gifte!(ギフテ)」は、プロフェッショナルから学ぶ体験を子どもたちに提供するプラットフォームサービスである。同社の事業の要である“本物の体験”は、ビジネスといかに結びついているのか。菅野高広代表に話を聞いた。

 みらいスクールは幼稚園児から中学生を対象とした体験プラットフォームサービス「ギフテ!」を展開している。「さまざまな世界のプロフェッショナルに触れ、子どもの未来のきっかけづくりを目指す」をモットーに、約250種類にのぼる体験プログラムを用意。会員数は創業から約4年間で1万5000組(親子ペア)を突破し、のべ2万組がギフテを通じて体験プログラムに参加している。
 同社が提供するのは「本物の忍者から学ぶ修行体験」や「プロの作曲家から学ぶサウンドクリエーター体験」など、ギフテでしか味わうことのできないオリジナルの体験。コンテンツ提供者(体験の先生)とみらいスクールが業務委託契約を結び、プログラムの企画支援から集客、集金・名簿作成といったオペレーション業務を同社が担うことで、コンテンツ提供者の事務負担を軽減し、本業に集中できる環境を整え、質の高い体験プログラムの提供を実現している。
 そんなギフテは会社名にちなみ「未来の学校」をイメージしたサービスであると、代表の菅野高広氏は説明する。
 「『みらいスクール』という学校の中に、プロフェッショナルから学べる教室がたくさんあって、それぞれの教室で本物の体験ができます。ギフテはすべての大人が教師となって、普段の生活では経験することのできないさまざまな体験を子どもたちに提供するプラットフォームであり、『未来の学校』を支える基盤でもあります。私自身、『代表取締役校長』という立場のもと、みらいスクールの〝校長〟として責任をもって体験授業を提供しています」
 ギフテが目指すのは、子どもたちに「社会に出る意欲」をつけることだと菅野代表は続ける。社会にはさまざまな職業があり、それぞれに面白さや大変さがある。これらを子どもたち自身が体感し、未来の可能性を広げることがギフテの醍(だい)醐(ご)味(み)なのだ。
希薄な関係に一石を投じる
 みらいスクールを立ち上げる前は教育業界の大手企業に勤務していたという菅野氏。デジタル教材の制作に携わるなかで、徐々に現在の教育の在り方に疑問を持ち始める。
 「私が幼いころは地域ぐるみで子育てや教育をする文化がありました。近所の友だちと日が暮れるまで遊び尽くすなか、周りの大人たちも面倒を見てくれて、昔の遊びを教えてもらったり、実際に仕事のお手伝いをさせてもらったりと、さまざまな体験に触れました。しかし、昔に比べて地縁関係が希薄な現代社会では、子どもたちも、周囲の大人から学ぶ機会が少なくなりました。そこで、今の子どもたちが社会と接続する機会を提供し、プロフェッショナルから直接学べる体験サービスを立ち上げたのです」
 菅野氏は自らのビジネスプランを具現化するために「学研アクセラレータービジネスコンテスト」に応募し、事業の先見性や独自性が評価され特別賞を受賞。その後、学研やMBA時代の仲間のサポートを得て、2015年4月にみらいスクールを設立した。
レコーディング体験も
 ギフテが提供している体験プログラムの中で、好評を博しているのが「宇宙ミッション体験」だ。
 「宇宙ミッション体験は、宇宙教育の専門家である日本宇宙少年団にご協力いただき、JAXAの筑波宇宙センターで宇宙飛行士の仕事を体験するというプログラムです。レプリカの宇宙服を着て、実際に宇宙飛行士が訓練で使用した設備を用いて模擬訓練が受けられるほか、JAXA宇宙センターの展示館ツアーも用意しています。ちなみに、模擬訓練を行うセキュリティーエリアは通常は入れない場所で、そこに宇宙教育の専門家と一緒に入るのはギフテでしか体験できないプログラムです」
 ほかにも、プロのミュージシャンに数多くの楽曲を提供している音楽プロデューサー・春川仁志氏指導のもと、実際の音楽スタジオでレコーディングが体験できる「本格キッズシンガー体験」や、病院の医師が体験の先生となり、診察や電子メス、内視鏡の使い方を学ぶ「キッズドクター体験」なども人気が高い。
 ちなみに、キッズドクター体験は小児科、外科、循環器内科など、さまざまな診療部門で開催しており、いずれも病院の休診日に行っているという。
 参加費はプログラムによって異なるものの、1回につき5000〜1万5000円が相場となっているが、菅野代表は「決して安価ではありませんが、日常では経験できない充実したプログラムに参加できることを考えれば高い価格ではないと考えています」と自信をもって説明する。
 「ギフテは本物に触れ、プロフェッショナルから学ぶことで『子どもたちの未来へのきっかけづくり』を担うプラットフォームですから、集客できそうか否かではなく、体験を提供する先生の熱意がプログラムの命運を握ります。おかげさまで幅広い分野の方から「体験教室を開きたい」と提案いただくことも多くなりましたが、プログラムを企画するうえで大切にしているのは、先生が『体験を通じて子どもたちに何を伝えたいか』を明確に描くこと。そのうえでしっかりと企画を練り上げ、ギフテでしか体験できない特別なプログラムへと昇華するのです」
 現在は首都圏を中心に職業体験プログラムを開催しているが、今後は活動領域を日本全国に拡大していきたいと、菅野代表は事業の成長戦略を描く。
 「かねてより開催していた『農業体験プログラム』を評価いただき、全国農業協同組合連合会(JA)が主催するアクセラレータープログラムにギフテが採択されました。今後はJAとのコラボレーションで、全国各地で農業体験プログラムを開催し、地方での顧客基盤を固めるとともに他のプログラムの開催も手がけていきたいと考えています」

COMPANY DATA
株式会社みらいスクール
設 立 2015年4月
所在地 東京都渋谷区神山町2-6 LINKSビル
URL https://miray-school.co.jp/
    (コーポレートサイト)
    https://gifte.jp/(Gifte!)