今年の6月以降、不満のデータベースをインターネット上で分析できるサービスを提供し、メーンの事業を冊子販売から移行する予定だという。これまで販売していた『不満コレクション』は1年間の集計結果をまとめた、いわば年鑑。ウェブサイトでは刻々と寄せられる不満をリアルタイムで閲覧できるため、企業は消費者の意見をより迅速に探ることができる。業務の中核を担うのが4名在籍しているデータサイエンティストたちだ。

 「われわれの強みはデータサイエンティストが複数名在籍しているところ。データ解析力を強化し、付加価値を高めていきたいと考えています」(鈴木社長)

3000社の購入実績

 不満買取センターがこれまでに買い取った不満は累計10万件をこえ、貴重な「ビッグデータ」となる。データサイエンティストはA社とB社の製品に関する不満を解析し、類型化する。両社のマッピング結果を重ね合わせると共通する不満や、特徴的な不満があぶり出される。企業は市場分析や競合他社製品との性能比較に活用できる。

 「前月と比べて特定の不満がどう推移しているのかトレンドを追うこともできます。月額の定額サービスを予定しており、収益の柱にしていきます」

 鈴木社長が目下掲げる目標は年間100万件の不満を集めること。企業と提携し特定のサービス、製品の不満を期間限定で高値で買い取るキャンペーンなどを検討している。『不満コレクション』はすでに3000社の購入実績があるが、サービス利用社数を1万社に引き上げる。

 「国内でサービスを軌道にのせた後、ゆくゆくは米国への展開を考えています。米国民には消費者が製品に関するさまざまなクレームを訴える国民性があり、企業側も不満をリサーチする習慣が根付いています」

 世の中の不満を解決し、より快適な社会を目指すという壮大な試みはまだ始まったばかりだ。

COMPANY DATA
設 立 2012年6月
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー
社員数 7名
URL http://www.fumankaitori.com