宇都宮市内で県警の男性巡査長が酒気を帯びて車を運転し、単独事故を起こしたとされる事件で、県警は5日、酒気帯び運転と事故不申告の疑いで同市横山3丁目、下野署地域課巡査長大井啓(おおいあきら)容疑者(32)を逮捕した。「宇都宮市内の居酒屋で同僚と酒を飲んだ」などと容疑を認めているという。県警は今後、飲酒状況や事故の経緯などを詳しく調べ、処分を検討する。