同じユニホームを着て、必死で目指した甲子園。背番号3を着けてグラウンドに立つ姿に、アルプススタンドの2人の兄は誇らしげだった。作新学院高の5番ファーストで先発出場した七井祐吏(なないゆうり)選手(17)。9日の初戦で敗れたが、「家族に支えられてきたおかげで夏の甲子園でプレーできた」と感謝を口にした。