【大田原】「今日は何の日」をテーマにした自筆の文章を入れた額がほぼ毎日、中央1丁目の国道交差点(金燈籠(かなどうろう)交差点)の金燈籠に飾られ、訪れる地域住民らを楽しませている。金燈籠保存会会長の大久保博(おおくぼひろし)さん(88)=新富町1丁目=が2015年から作製し、12日時点で約280日分の文章を完成させた。大久保さんは「年なのでさらに数を増やすことは考えていないが、若い人に引き継いでもらえるとうれしい」と話している。