【下野】下古山の一般財団法人「グリムの里いしばし」は11月3日、1997年にグリムの森内に埋められたタイムカプセルの開封式典を行う。カプセルには当時、1千人以上が手紙を入れており、実行委員長の伊沢勝彦(いざわかつひこ)同法人理事長(78)は「一人でも多くの人と開封を楽しみたい」と来場を呼び掛けている。