お墓の掃除、代行します−。墓地に足を運ぶことが難しい高齢者や遠方に移住した人に代わって、清掃や墓参りを行うサービス事業を大田原市社会福祉協議会が4月から始めた。高齢化や人口減が進む中で、地方の墓地の維持管理は課題の一つ。新事業は、ひきこもりや障害などの理由で仕事に就いていない人に清掃を担ってもらうことで、墓地問題解決と就労支援との“一石二鳥”を狙う。社協が取り組むのは県内初と同社協。市はふるさと納税の返礼品としてもサービスを選べるようにする考えだ。