2020 年・2021年放送の大河ドラマ『麒麟がくる』。「光秀の人生と戦いの舞台を歩く」では、ドラマの主人公である明智光秀の生涯や参戦した合戦の軌跡をたどり、出来事の背景や舞台となった城を紹介します。第4回は、織田家で順調に出世を重ねる光秀に命じられた丹波攻めの舞台となった、黒井城や八上城などが登場。(※2020年10月1日初回公開)

光秀、丹波攻めの指揮官となる
前回解説した通り、信長の家臣となった光秀は、陣営内で着実に信頼を得て出世。天正3年(1575)、丹波攻めの総指揮官に任じられます。

丹波攻めとは信長の天下統一事業のひとつで、現在の京都府から兵庫県の一部にあたる丹波の地の攻略を狙った作戦です。京の都に近い丹波は、もともと将軍家に友好的な国人領主(土着勢力)がほとんどでした。しかし、信長が義昭と対立して義昭を京から追放したため、信長派と義昭派に分かれて争うようになってしまいます。光秀はこれをすべて信長派に塗り替えて平定する使命を与えられたのです。丹波の西には中国地方随一の大勢力・毛利家が控えているため、この作戦は極めて重要なもの。信長の光秀に対する信頼の厚さがよく現れています。