司馬遼太郎(※遼のしんにょうは点2つ。以下同)のベストセラー小説を完全映画化した『燃えよ剣』が、2021年10月15日から絶賛公開中! 学生時代から司馬作品の愛読者であり『燃えよ剣』の映画化を長年熱望していたという原田眞人監督にインタビューし、この歴史スペクタクル大作が完成するまでの舞台裏を、小説への思い入れや主演の岡田准一との関係などいろいろな側面から語っていただきました。

司馬遼太郎が描く“筋を通す土方歳三の生き方”に惚れた
──小説『燃えよ剣』を高校時代に初めて手に取ったそうですが、もともと歴史ものがお好きだったのですか?

原田「当時は映画といえば時代劇が主流で、子どもの頃から新選組ものや幕末ものはよく見ていて、小説も時代小説をよく読んでいましたね。その中で短編小説『幕末』を手に取ったのが、司馬先生の作品との出会いでした」

──『燃えよ剣』を初めて読んだ時のご感想は?

原田「それまで新選組のイメージといえば“ワルの集団”で、映画でも土方歳三はいつも陰険そうな役者が演じていました。それが『燃えよ剣』を読むことで、土方はこういうカッコイイ人間だったかもしれないと思うようになったんです。特に、筋を通す土方の生き方は、どんな時代にでも通用する素晴らしいもの。今のような混乱した時代にこそ、指針とすべき生き方じゃないでしょうか」