昔から高い人気を誇る、幕末に活躍した新選組(しんせんぐみ)。大河ドラマ「青天を衝け」や映画「燃えよ剣」で注目を集めている今、新選組大ファンのお城インスタグラマー・Kaoriさんに、その魅力とゆかりのおすすめスポットについて熱く語っていただきました! 歴史好きになったきっかけが新選組というKaoriさん。新選組についての説明もあるので、歴史・お城ビギナーの方も要チェックです!

 ■新選組との出会い
私が新選組を知ったきっかけは、学生の頃にハマった漫画『新撰組異聞 PEACE MAKER』でした。漫画には、とにかくひたむきに一念をもって職務に取り組む新選組が描かれていたのです。それまで歴史にあまり興味がなかったのですが、ただひたすらに「日本の為に将軍の助けとなるよう支えたい」と自分たちにできることを毎日コツコツと積み重ねていく新選組の生きざまに感動し、新選組について調べるようになりました。

私が新選組の中で特に好きなのは副長の「土方歳三」で、この人の足跡を訪ねるのがライフワークになっています。ご本人にお会いすることができないので、その行動やご本人を描いた作品たちから推測することしかできませんが、地元のガキ大将である近藤勇を大将に組織を作って、自分が信じる正義のために一生懸命生きた人なんじゃないかなと思います。
近藤さんが亡くなってからも、近藤さんの遺志を継ぎ、旧幕府側として最後まで信念を曲げず生き抜いた姿がとてもカッコイイと思っています。

実は新選組は内部の粛清が多く、戊辰戦争以前だと外部との戦いによる死者よりも、「局中法度」と呼ばれる規律違反による内部の粛清で亡くなった人数のほうが多い悲しい組織だったそうです。多くのあらくれ者を抱えた集団で、最大200名にまで成長した巨大な組織。それを統率するには厳しいルールを設ける必要があり、おそらく幹部の誰もがつらい想いを抱えながら、ただ「新選組」という組織を守る為にそうした粛清を行っていたのではないかと思います。

今回はそんな「新選組」の魅力をお伝えしたいと思います!