暖かい春になってお出かけしやすい季節になったと思ったら、間もなく梅雨入り…。しかし、そんな梅雨シーズンでも、いや、逆に梅雨シーズンだからこそ行ってみたいお城があるのです! 今回は、大のお城好きである気象予報士の久保井朝美さんに、雨の日に魅力が増すおすすめの4城を“お天気目線”で紹介していただきます。

お城はいつ訪れても楽しく、胸が高鳴る場所ですが、季節ごとの魅力もあります。訪れる季節によって違う顔を見せてくれます。今回は、梅雨にもオススメできる、雨の日ならではの楽しみ方があるお城がテーマです。

もうすぐ雨の季節がやってきます
九州から東北の梅雨入りの平年日は、5月末から6月中旬にかけてです。

こちらは、九州北部と関東甲信から東北南部が梅雨入りした令和2年(2020)6月11日の天気図です。梅雨前線が日本付近に停滞しています。

そして、太平洋高気圧の勢力が強まって梅雨前線が北上し、梅雨明けする平年日が九州から関東甲信は7月中旬、北陸から東北は7月下旬。この間、1カ月半くらいは雨が降りやすい期間となります。また、沖縄と奄美の梅雨は5月前半から6月下旬、北海道には梅雨はありません。

お城めぐりに適した天気として思い浮かぶのは、「晴れ!」という方が多いのではないでしょうか。青空とお城のコントラストは、たしかに美しいです。ただ、雨の日に魅力が増すお城もあります。