22位 弘前城(青森県弘前市) ※前回25位
城に咲くサクラが待ち遠しい季節になってきました。とくに弘前城が建つ弘前公園には、樹齢100年を越すソメイヨシノが300本以上も花を咲かせます。二の丸にはが旧藩士から明治15年(1882)に寄贈されたソメイヨシノがあり、現存する日本最古のものです。

コロナで桜まつりが中止となり、城内に入れず、悲しかった。テレビで見た、無人の桜が静かで、桜たちが、来年ね!と言っているようで、印象的でした。(まるるん。)

17位(同率) 福山城(広島県福山市) ※前回20位
2022年に迎える築城400年を記念し、福山城の魅力を現在によみがえらせ、後世に価値を伝える事業として、「福山城築城400年記念基金」が立ち上げられています。城びとでもおなじみの小和田哲男先生や、春風亭昇太師匠も応援サポーターとして名を連ねています。

我が街の名城! 毎日欠かさず、福山城ウオーキングをしている時に拝んでいます。2020年、築城400年に向けて令和の大改修工事中。お城の西側に鉄板が張られるのを今から楽しみにしています(渡辺幸三)

17位(同率) 高取城(奈良県高取市) ※前回23位
かつて白亜の天守が建ち、三重櫓が17棟も建ち並んだ巨城の面影は、苔むした石垣が物語っています。膨大な高石垣が今も残る城域は、トレッキングコースとしても人気。奈良盆地や大阪、京都方面を一望できる、国見櫓からの眺望は見事です。  

奥深い山の中にある城跡。苔むした石垣に霧がかかり幻想的な雰囲気の中を訪問しました。(茅小屋太郎)