15位 苗木城(岐阜県中津川市) ※前回6位
「天空の城」や「岐阜のマチュピチュ」とも呼ばれる苗木城。巨岩の上に建てられた珍しい天守には、清水寺と同じ懸(かけ)造りの技法が使われています。苗木城へのアクセスは容易ではありませんが、チャンスを見つけてぜひ登城に挑戦したいですね。

自粛が明けてgotoが始まり、感染者も少し落ち着いてもう今を逃すと!というタイミングで旅行に行った先で本当に偶然立ち寄れました。一緒に行った友人は城に興味なかったのにテンションが上がるくらい、素敵な山城です。どこから見てもかっこいいし、上からの眺望も最高です。少し離れた場所から見るのも天空の城っぽくて素敵です。(ぱきこ)

14位 首里城(沖縄県那覇市) ※前回17位
琉球王国の築城術が残る貴重な城です。2019年に主要な建造物が焼失しましたが、歴史を振り返ると、古くは王位争いや失火などで3度焼失し、沖縄戦でも焼失。幾度と苦難を乗り越えてきた首里城は、再び復興に向かって歩んでいます。

小さい時から首里城に行きたいと思っていて、おこづかいを貯めていましたが、去年の火災で行けなくなってしまいました。 まだ実物を見ていないのに火災に あってしまい、とても悲しいです。   首里城の再建は長い道のりに なると思いますが、早く首里城が 復興し、行ける日が来ることを待っている人が沢山いると思うので、 頑張ってください!!(うぱ)

13位 松山城(愛媛県松山市) ※前回12位
天守を中心として、小天守、南隅櫓、北隅櫓からなる連立式天守の代表格です。天守群に囲まれた登城道を突破するのは至難の業だったはず。本丸から二之丸にかけては登り石垣を築き、天守群以外にも戦うための工夫が多々見られます。

城巡り初心者にとっても、迷路のような縄張り、現存や復元建造物の多さで、とても楽しめる城郭だと思います。2回訪れましたが、まだ登り石垣を確認できていないので再訪したい城廓です。(スイペン)