新しいお城めぐりの楽しみ方としての「御城印」
「御城印」をきっかけに、今まであまり知られていなかったお城を訪れる人も多く、「今までよく知らなかったお城を訪れてみたら、とても素敵でファンになってしまった」というような声も聞きます。「御城印をきっかけにうちのお城を知ってほしい」「お城のファンになってほしい」「来てくれた人に喜んでもらいたい」「地元のことも知ってもらいたい」等の思いをこめて、季節やイベントごとにデザインを変えたり、地元ゆかりのものを使用したりするお城も多くあります。さらに、御城印とあわせてゆかりの戦国武将の「武将印」を発行するところも多くなっています。限定版も武将印も、通常の御城印とあわせて、コレクションするのもいいですね! 
また、御城印を通してゆかりのお城めぐりを楽しめる企画を立てるなど、一つのお城単体ではなく、お城同士が連携して城郭文化そのものを盛り立てる動きもでてきています。

御城印を発行するお城が増えるにつれ、御城印をそのまま保存できるポケットタイプの御城印帳を発行するお城も続々登場! どの御城印帳も、そのお城やその土地ならではのこだわりが詰まっています。

御城印で気軽にお城を応援できる!
城郭団体や自治体、お城のボランティア活動をされている団体が発行している御城印の収入は、お城の整備や維持活動などに使われるほか、被災したお城への寄付に使われることもあります。(土産物屋等から発行されているものでも、売上げの一部を寄付しているケースも!)。実際、いくつかのお城では、大地震で被災した熊本城への寄付が今も続けられています。御城印を購入することで、簡単にお城を応援できるのも魅力の一つです。

マスコミでも話題に!
今や毎日のように多くの人が御城印や御城印帳についてSNSに投稿しています。数年前から新聞や雑誌、テレビなどでも取り上げられる上、専門誌まで発行され、お城好き以外の人々にもその存在を知られるようになってきました。