「小江戸」川越のイメージが強いかと思いますが、かつては武蔵国とよばれ、足利家、上杉家、北条家、武田家など、有名大名たちがしのぎを削ったため、数多くの城跡が残ります。

また、城めぐりをしていると古墳に出会えるのも埼玉県ならではの楽しみです。日本100名城と続日本100名城を中心に、埼玉県にある7城をご紹介します。

埼玉県にあるお城は?
埼玉県を代表する日本100名城といえば川越城(川越市)。蔵造りの町並みと共に、珍しい本丸御殿が見学できます。恋愛成就のスポットとして大人気の川越氷川神社へのお参りもお忘れなく。

戦国時代らしい城郭が味わえる日本100名城といえば鉢形城(寄居町)。北条家を代表する城郭です。鉢形城の最寄りになるのは寄居駅。JR八高線・秩父鉄道線・東武東上線が走ります。

この東武東上線沿線には訪ねてみたい城がほかにも残っています。武蔵嵐山駅からは続日本100名城の2つ杉山城と菅谷城(共に嵐山町)。

そして忘れてはいけないのが映画『のぼうの城』の舞台となった続日本100名城の忍城(行田市)。埼玉県北部、利根川を越えれば群馬県という位置にあります。

戦国時代の城郭から観光地としておなじみの川越まで、バラエティー豊かな埼玉の城めぐり。そして城めぐりをしていると古墳の存在にも気づかされます。『のぼうの城』で石田三成が布陣した丸墓山古墳をはじめ、数多くの古墳が城の近くにありますので、一緒に探訪されてみてはいかがでしょうか。