北海道のお城は主に函館を中心に点在し、日本最後の日本式城郭の松前城や、西洋式の星型城郭である五稜郭などが有名です。

また、知られざるお城として、志苔館や上之国勝山館などの道南十二館という城跡や、根室などの各地にアイヌ民族が造ったチャシと呼ばれる城跡もあります。観光の際にぜひ訪れたい、個性あるユニークなお城を見てみましょう!

北海道にお城ができた歴史的背景とは?
北海道は古くから蝦夷と呼ばれ、アイヌの人々が根室など各地にチャシという砦を造っていました。鎌倉〜室町時代に、和人が貿易のために函館付近へ移り住み始め、志苔館(函館市)や上之国勝山館(檜山郡)などの小規模なお城を建てて、アイヌとの戦いを繰り広げました。

その後、函館港を外国船から守るために、松前城(松前郡)や五稜郭(函館市)を築き、のちに開拓の拠点となりました。

北海道にお城はいくつあるのか?
北海道には、日本100名城のお城が3つあります。日本で最後に造られた日本式城郭の松前城(松前郡)は、桜の名所でお花見シーズンの観光がおすすめ。

日本でも珍しい西洋方式である稜堡式城郭の五稜郭(函館市)は、新選組の土方歳三らの最期の地で、歴史好きなら訪れたいスポットです。アイヌの人々が建築した城跡である、根室半島チャシ跡群(根室市)では、すぐ側の納沙布岬で日本一早い日の出が見られますよ。

続日本100名城のお城は2つあり、アイヌの首領コシャマインとの戦いの舞台になった志苔館(函館市)と、松前藩の祖である武田信広が築いた上之国勝山館(檜山郡)があります。 根室半島チャシ跡群以外の城跡は、すべて函館付近にあるので、まとめて巡るのもおすすめです。