天下人・豊臣秀吉が築いた城として有名な大坂城ですが、実は秀吉の大坂城は大坂夏の陣で焼失しています。では現在、大阪に建つ城は誰が建てたものなのか。

意外と知られていない大阪城の真実に迫ります。なお、「大阪」という表記は明治時代以降に正式となったものなので、今回の記事では江戸時代以前の大阪城を指す場合は「大坂城」の表記を使用しています。

徳川幕府に建て直された大坂城
つゆと落ち つゆときへにしわが身かな なにわの事もゆめのまたゆめ

さて、この歌は誰が詠んだものでしょうか? 答えは、太閤・豊臣秀吉。この世を去る時に詠んだ辞世の歌です。秀吉が「ゆめのまたゆめ」と追想した「なにわ」とは、大坂のこと。秀吉の城といえば、大阪城(大阪府)をまっ先に思い浮かべる人も多いでしょう。

地元大阪の人たちにも大阪城は「太閤はんのお城」として愛されています。大阪城内には秀吉を祀る豊国神社が鎮座し、秀吉の銅像前は観光客に人気の撮影スポットです。ところがこの城、実は秀吉の城ではないのです。この事実が一般に認識されてきたのは近年のことなので、「そんなわけないでしょ!」という人の方が現在も多いかもしれません。

周囲の高層ビルをものともしない威厳で、大阪の上町台地に現存する大阪城の破格の遺構。これを建てたのが秀吉でなければ、誰が建てた城なのでしょうか?これはまぎれもなく、徳川幕府が築いた城なのです。一体どういうことなのか。大坂城の簡単な歴史をひも解いてみましょう。