日本一大きな湖として知られる琵琶湖ですが、実は琵琶湖のまわりには、お城がたくさんあるのをご存知でしょうか? 戦国時代から江戸時代にかけて、安土城や彦根城など琵琶湖周辺にはたくさんの名城が築かれました。今回は、なぜ、琵琶湖に城が集中したのかを地理を足がかりにして解き明かします。

「城の国」を生み出した日本最大の湖
滋賀県・琵琶湖の近くにある城と聞けば、どこが思い浮かぶでしょうか? 国宝の現存天守がある彦根城(彦根市)に、城下町が人気の長浜城(長浜市)。城跡なら、安土城に観音寺城(ともに近江八幡市)、佐和山城(彦根市)、小谷城(長浜市)など。ちょっとあげるだけでもこれだけ出てくる琵琶湖周辺。

ここ近江国(滋賀県の旧国名)は、城跡が全国屈指の1300か所以上もある「城の国」なのです。なかでも琵琶湖周辺には、上にあげたような有名どころがズラリ。いったいなぜ、琵琶湖周辺に重要な城が集中しているのでしょうか? 今回は、この理由を探ってみましょう。

まずは、琵琶湖の地理からアプローチ。琵琶湖があるのは日本のほぼ中心で、東西南北をつなぐ要の位置です。古代から中世は、畿内を拠点に全国にのびた幹線道路だった「七道」のうち、東海道(関東方面)・東山道(東北方面)・北陸道(北陸方面。北国街道とも)の3つの道の出発点になっていました。

関ヶ原の戦いの後、徳川家康が江戸を拠点に整備した「五街道」でも、東海道(京都終点)と中山道(草津または大津終点)が通っています。現代の主要交通路である東海道新幹線も琵琶湖の近くを通っています。昔は今より水運が活用されていたこともあり、琵琶湖は古代から現代に至るまで、人や物が行き交う非常に重要な交通の要衝だったのです。