光秀が建てた坂本城は史料によると、琵琶湖から船で乗り入れができ、驚くべきことに天守が立っていたという。安土城より以前に築かれたこの天守には大天守と小天守があったようなのだが、本能寺の変後に焼失。すぐに再建されるも大津城(滋賀県大津市)新築のため城は取り壊され、坂本城の資材はすべて大津城で再利用された。

そのため残念ながら、坂本城はほとんど遺構が残っていない。琵琶湖の水位が減少すると、なんとか石垣が顔を覗かせる幻の城となってしまった。

その後、丹波攻略を命じられた光秀は、亀山城(京都府亀岡市)を築く。丹波平定後は領国経営の拠点とされた城で、三重の天守が築かれていたともいう。本能寺の変に際しては、この城から軍勢を出発させている。なお、現在残されている亀山城は徳川幕府によって近世城郭に生まれ変わったもので、光秀時代の遺構は残っていない。

丹波攻略後には、重臣の斉藤利三(さいとうとしみつ)を黒井城(兵庫県丹波市)に、娘婿の明智秀満を福知山城(京都府福知山市)に置き、要所には支城として柏原城(丹波市)や周山城(京都市)などの城を築いて統治を進めていった。同時に、丹波国人が拠点とした城の破壊も行われ、城を寺家と偽り、破城に従わなかった者は処罰された。

織田政権下では、築城・破城の指示は信長によって行われ、城に瓦の使用が認められたのは国持大名以上であったとされる。丹波国内では福知山城と周山城で瓦が使われていたことが判明しており、坂本城でも使われていた。その坂本城では安土城に先んじて天守が建てられており、信長による光秀の評価がいかに高かったかが見てとれる。

しかし秀光は、何かに魅入られたかのようにフッと信長を討ってしまった。

今後、新史料の発見などにより、光秀が信長を討った真実が明かされることはあるのだろうか。従来の光秀像に惑わされず、光秀と城の関係を見ていければ新たな発見があるかもしれない。

お城情報WEBメディア「城びと」
2019年1月初出の記事を再編・再掲載