熊本城のイメージが強い熊本県ですが、熊本城を築いた加藤清正以外にも、熊本県のお城には印象的な城主が揃います。肥後宇土城主であり、加藤清正とライバル関係にあったキリシタン大名・小西行長、今年世界遺産に登録された天草地方を治め、加藤清正と戦ったキリシタン武将・天草氏、700年も続いた名門の相良氏…そんな城主たちが築いた城や古代山城など、熊本県にある6城をご紹介します。

熊本県にあるお城は?
熊本県のお城といえば、「築城の名手」加藤清正が築いた熊本城ですが、熊本県には熊本城のほかにも「日本100名城」に選定されているお城、人吉城があります。また、2017年選定の「続日本100名城」には、古代に築かれた古代山城のひとつ、鞠智城と、加藤清正の次男・加藤忠広が築城した高石垣が自慢の八代城が選定されています。

さらに熊本県といえば天草地方が今年6月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録され話題の天草半島を代表する本渡城やキリシタン大名・小西行長が築いた宇土城跡もこの機会に訪ねてみたいですね。

■熊本城(日本100名城)
熊本城は、加藤清正が築き、慶長12年(1607)に完成した大城郭。2016年4月14日・16日に起きた熊本地震で大きな被害を受けるものの、大小天守や飯田丸五階櫓をはじめ、復旧が進んでいます。今年4月に大天守に鯱(しゃちほこ)が載り、10月には上層部を覆っていた工事用足場も解体され、真新しい大天守の姿を見せています。

明治10年(1877)の西南戦争では、熊本城内に新政府軍が籠城。西郷隆盛軍は攻めるものの、堅固な熊本城を攻略できませんでした。この西南戦争の際に原因不明の火事があり、大小天守を始めとする本丸の大部分は焼失。「第三の天守」ともよばれる宇土櫓は焼けずに残りました。