新庄城(山形県)
新庄城に藩庁をおいた新庄藩は、戊辰戦争で奥羽列藩同盟に参加。しかし、同盟から離脱したため、庄内藩から攻撃され落城してしまいました。最上公園として整備された新庄城跡では、新庄に春を告げるカド(ニシン)の到来を祝う「新庄カド焼きまつり」が開催されます。

[桜の見頃]4月中旬〜4月下旬
[イベント]新庄カド焼きまつり(2019年4月29日〜5月5日。有料:前売券2,000円、当日券2,300円)、イベント詳細はこちら
[アクセス]JR新庄駅から徒歩約15分

米沢城(山形県)
もとは伊達氏の本拠地で、伊達政宗が産まれた城ですが、豊臣秀吉の天下統一後に上杉氏の居城となった米沢城。本丸跡には上杉神社が鎮座しており、樹齢100年を超える桜の古木が本丸の堀に花筏をつくります。

[桜の見頃]4月中旬〜4月下旬
[イベント]米沢上杉まつり(2019年4月29日〜5月3日)、イベント詳細はこちら
[アクセス]JR米沢駅からバスで「上杉神社前」下車、徒歩すぐ

久保田城(秋田県)
久保田城は秋田氏の支城として築かれ、江戸時代は久保田藩の居城となった城。桜の見頃時期には桜まつりが開催され、夜間ライトアップの他、露店が立ち並びます。

[桜の見頃]4月中旬〜4月下旬
[イベント]千秋公園桜まつり(2019年4月17日〜28日)
[アクセス]JR秋田駅から徒歩約10分

本荘城(秋田県)
本荘藩六郷氏の居城だった本荘城。公園となった城跡では約1,000本の桜を楽しむことができます。城の近くには鶴舞温泉があるので、そこから桜を眺めるのもよいですね。

[桜の見頃]4月中旬〜4月下旬
[イベント]本荘さくらまつり(2019年4月13日〜21日)
[アクセス]JR羽後本荘駅から徒歩約8分

盛岡城(岩手県)
盛岡藩主・南部氏の居城だった盛岡城。現在は桜の名所として市民から親しまれています。「盛岡さくらまつり」の期間中はライトアップが行われ、夜桜とともに盛岡名物も楽しめます。

[桜の見頃]4月下旬 〜 5月上旬
[イベント]盛岡さくらまつり(2019年4月13日〜30日)、イベント詳細はこちら
[アクセス]JR盛岡駅からバス「盛岡城跡公園」下車、徒歩約1分 

三戸城(青森県)
南部信利が盛岡城を築くまで南部氏の本拠だった三戸城。現在は城山公園となっており、約1600本の桜が毎年花見客の目を楽しませてくれます。「さんのへ春まつり」では、ダンスやブラスバンドなどのイベントステージが予定されています。

[桜の見頃]4月下旬 〜 5月上旬
[イベント]さんのへ春まつり(2019年4月2日〜5月5日)、イベント詳細はこちら
[アクセス]青い森鉄道三戸駅からバスで「三戸町役場前」下車、徒歩約10分

角館城(秋田県)
久保田藩の支城だった角館城。山上の城は一国一城令で廃城となりますが、城下町はそのまま残りました。江戸時代の町並みが残る角館には、樹齢300年を超えるシダレザクラの並木道があり、春になると訪れる人を楽しませてくれます。

[桜の見頃]4月下旬〜5月上旬
[イベント]角館の桜まつり(2019年4月2日〜5月5日)
[アクセス]JR角館駅から徒歩約15分

五稜郭(北海道)
西洋の技術を取り入れて築かれた五稜郭。戊辰戦争最後の戦いの舞台となり、土方歳三最期の地となった城です。五稜郭の堀沿いには約1600本の桜が植えられており、五稜郭タワーからは城内を桜色に染める桜を上空から見ることができます。

[桜の見頃]4月下旬 〜 5月下旬
[イベント]夜桜花見電飾(2019年4月下旬〜5月中旬を予定)
[アクセス]JR函館駅から市電で「五稜郭公園前」下車、徒歩15分

※イベントの日程や内容は、変更となる場合がありますので、事前にご確認の上、お出かけください。

お城情報WEBメディア「城びと」