2020年・2021年の放送以降、登場人物の描き方や鮮やかな色彩などが話題となった大河ドラマ『麒麟がくる』。「光秀の人生と戦いの舞台を歩く」では、主人公である明智光秀の生涯や参戦した合戦の軌跡をたどり、出来事の背景や舞台となった城を紹介します。第2回は、光秀の出身地の謎や若き日の活動に迫ります!(※2020年4月14日初回公開)

光秀が誕生したのは何城なのか
2020年・2021年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。作品では主人公・明智光秀の幼少期は描かず、はじめから主演の長谷川博己さんが光秀を演じていました。また、初回の時点ですでに光秀の父は亡くなっており、光秀は西村まさ彦さん演じる叔父の光安とともに、本木雅弘さん演じる美濃(現在の岐阜県)の戦国大名・斎藤道三に仕えていました。

これらの設定は、現状での定説を取っているといえるでしょう。しかし織田信長に仕える以前の光秀が何をしていたのかについては不明点が多く、実は父が誰なのかもはっきりしていません。このため、幼少期は飛ばしたのかもしれませんね。

不明点が多いのは城も同様です。ドラマでの光秀は「美濃の明智城」を本拠地としていますが、この明智城にはいくつかの候補があります。現在最も有力視されているのが岐阜県可児(かに)市瀬田にある長山城とも呼ばれる明智城です。また、可児市御嵩(みたけ)町には顔戸(ごうど)城とも呼ばれる明智城がありました。さらに、恵那市明智町にも明知城という城があったのです。

瀬田の明智城は緩やかな尾根に建つ山城だったようで、その麓には「大屋敷」、「東屋敷」、「西屋敷」というような地名が残っています。これは麓に普段の居館があり、山に後詰めの城を持っていた痕跡と考えられます。しかもこの明智城は光秀の祖先が領地を構えたといわれる明智荘に位置していたため、光秀が誕生した城である可能性が高いのです。