古くから名馬の産地として名を馳せた北東北の南部地方。その名の由来となった南部氏が築いた根城(ねじょう:青森県八戸市)は、南北朝時代から約300年間も存続しました。根城には堀や柵のほか、当時の生活を再現した主殿や工房、そして多数の馬屋が復元。散策の見どころと南部氏の歴史をご紹介します。

東北における南朝の拠点
根城の歴史は南北朝時代にさかのぼり、南朝の有力武将・北畠顕家が「奥州を平定する根本の城である」と根城の築城を祝ったという伝説が残っています。

築城者・南部師行(なんぶもろゆき)は南朝方として根城を中心に勢力を誇り、その後も寛永4年 (1627)に南部氏が遠野(岩手県遠野市)へ所領替えになるまで、根城は約300年間も存続しました。

根城は発掘調査をもとに本丸の主殿や工房、納屋、馬屋などの建物を復元し、「史跡根城の広場」として整備されています。東端にある八戸市博物館から西に東善寺館(とうぜんじだて)、岡前館(おかまえだて)、中館(なかだて)、本丸が配置されています。

ちなみに、八戸市博物館の近くに立つ旧八戸城東門(八戸市指定文化財)は、江戸時代に修築された八戸城(青森県八戸市)にあった東門を移築したもので、根城のものではありません。