公益財団法人日本城郭協会では、日本を代表する文化遺産であり地域の歴史的シンボルでもある城郭・城跡をより広く知ってもらうことを目的として、各都道府県から1〜数城ずつ「日本100名城」「続日本100名城」を選定しています。いわば100名城は「見ごたえあり」というお墨付きのようなもので、これからお城めぐりを始めたい方にぜひオススメ! とはいえ「200城もあると選べない」「地元の近くにどんな100名城があるか知りたい」という方も多いはず。そこで城びとが、注目の日本100名城・続日本100名城をエリア別にご紹介! 今回は【中国・四国編】です。

【鳥取県】さまざまな時期の遺構が残る、まるで城郭の博物館「鳥取城」(日本100名城)
豊臣秀吉による徹底した兵糧攻めの舞台として知られる鳥取城。戦国時代から江戸時代の約270年間かけて増改築が繰り返された結果、広大な城域には各時期の遺構が残っています。

なかでも目を見張るのが、球型に積み上げられた天球丸跡の巻石垣。亀の甲羅のような形状に積み上げられ、ほかでは見られない大変珍しい形なのです。戦国時代の山城と麓の近世城郭からなる「城郭の博物館」は見どころが尽きません!

【鳥取県】連続する大規模な石垣群にワクワクが止まらない!「米子城」(続日本100名城)
戦国時代末期に石垣造りで築かれた米子城。登城口入口から標高90mの本丸跡まで、次から次へと大規模な石垣が待ち受け圧倒されっぱなし! 打込接から切込接へと石の積み方の変化も垣間見られる「四重櫓台」など、技もスケールも必見です。

また、本丸跡からの眺望も石垣に引けを取りません。名峰・大山や日本海まで見渡せる360度の大パノラマは感動モノ! 商人の町として発展してきた米子の歴史が、今も残る城下町にもぜひ足を延ばしてください。